北海道キャンプ協会 規約


規約16条第2項に基づき、会員の資格及び入会の手続き・会費等を次のように定める。

第2条(目的)

本会は、キャンプを通じて、道民の心身の健康増進を図ると共に、人と自然の調和を求め 、合わせて、キャンプのあり方を探求することを目的とする。

第3条(事業)

本会は、第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。

  • 1、キャンププログラムの開催と普及
  • 2、キャンプ指導やの養成と資質の向上
  • 3、キャンプに関する調査・研究
  • 4、その他、本会の目的達成に必要な事業

第4条(事務局)

本会の事務局は、(特)自然教育促進会(小樽市望洋台2丁目14番1号)内に置く。

第5条(組織)

本会は、第2条に定める目的に賛同する者、団体及び賛助会員によって構成する。

第6条(役員)

本会に、次の役員を置く。

会長1名
副会長若干名
理事若干名(常任理事 若干名)
監事2名

第7条(顧問)

  • 1、本会に顧問を置くことができる。
  • 2、顧問は、理事会の同意を得て会長が委嘱する。
  • 3、顧問は、本会の事業について会長の諮問に応え、又は意見を具申する。

第8条(会長)

  • 1、会長は、理事会にて推挙する。
  • 2、会長は、本会を代表し、会務を総括する。

第9条(副会長)

  • 1、副会長は、理事会の議決を経て、会長が委嘱する。
  • 2、副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある時は、その職務を代行する。

第10条(理事)

  • 1、理事は、本会の目的に賛同する者、また、学識経験ある者で、本会の趣旨に賛同して 協力する者の中から理事会の同意を得て会長が委嘱する。
  • 2、理事は、理事会を構成し、会務を処理する。但し、この会の日常的会務を処理する為 、若干名の常任理事を置き1名を代表常任理事とする。

第11条(監事)

  • 1、監事は、会長が委嘱する。但し、理事と重任することはできない。
  • 2、監事は、会計および事業等の執行状況を監査する。

第12条(任期)

  • 1、役員の任期は、2年とする。但し、再任は妨げない。
  • 2、補欠役員の任期は、前任者の残留期間とする。
  • 3、役員は、任期満了後でも後任者の就任するまで職務を行う。
  • 4、学識経験者から会長が委嘱した役員で、公務上選ばれた者は公務を離れた場合は 自動的にその職務を失格する。

第13条(理事会)

  • 1、理事会は、第3条に定められた事業を執行する。
  • 2、理事会は、会長が参集し、会長がその議長となる。
  • 3、理事会は、2分の1以上の出席者(委任状を含む)をもって成立し、決議は 出席者の過半数をもって決定する。

第14条(委員会)

  • 1、本会の目的遂行のため、理事会の議を経て、各種専門委員会及び特別委員会を設け ることができる。
  • 2、委員会についての細則は別に定める。

第15条(経費)

  • 1、本会の経費は、会費・寄付金・事業収入および補助金をもってこれにあてる。
  • 2、会費の額は理事会で定める。
  • 3、本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日までとする。

第16条(付則)

  • 1、本規約の改正は、理事会において出席者の3分の2以上の賛同がなければならない。
  • 2、本規約の施行に関して必要な細則は別に定める。
  • 3、本規約は平成4年6月24日より施行する。
  • 4、この規約の一部変更は平成12年8月25日から施行する。
  • 5、この規約の事務局住所の変更は、平成21年11月1日から施行する。